月別アーカイブ: 2019年7月

ポイントサイトは現金よりポイントの方がお得な事も

ネットビジネスの1つに、ポイントサイトがあります。サイトでは、現金ではなくポイントを稼ぐ事になります。ポイントは現金に交換する事も可能ですが、まずはサイト指定のポイントを稼いでいく事になります。そのポイントの交換先は、注意が必要です。

サイトで稼げるポイントと交換先

ポイントサイトでお金を稼ぎますと、だんだん指定のポイントが加算されていきます。仮に、そのポイントをAとします。
例えば、資料請求やカード発行などでお金を稼ぎ続けた結果、Aの累計ポイントは8,000になりました。この8,000は、「円」ではありません。あくまでもAというポイントの累計数字が8,000になっているのです。
ところで多くのポイントサイトは、その交換先を選ぶことができます。上記の円に換金することも可能ですし、BやCなどのポイントに交換する事も可能なのです。どれに交換するかは、よく見極める必要があります。

現金よりもポイントの方がお得な事もある

例えば上記のAというポイントが8,000であれば、現金に交換した時は4,000円相当であるとします。ところがBというポイントに交換すると、5,000円相当になるケースがあるのです。
実際あるサイトの場合は、現金とポイントではかなり大きな差があります。上記のように1,000円ぐらいの差ではなく、実に3,000円くらいの差があります。
つまりサイトによっては、現金よりもポイントに変換する方がお得な事もあるのです。もちろん交換レートは、サイトに一覧表形式で明示されています。できるだけお得にしたい時は、現金でなくポイントに交換する事も検討してみると良いでしょう。

換金率だけでなく汎用性にも注目

ただしポイントに交換する時は、1つ注意すべき点があります。汎用性は決して軽視できません。
汎用性は、電子マネーをイメージすると分かりやすいです。電子マネーも複数ありますが、それぞれ対応している店舗の数は異なるでしょう。コンビニぐらいしか対応していない電子マネーもあれば、大多数のお店で使用できる電子マネーもあります。その利便性は軽視できません。
確かに上述のように5,000円などの換金率になる方が、お得ではあります。しかしポイントが使用できるお店が限られてしまうと、なかなか使う機会がありません。換金率が低くても、むしろ幅広いお店で使用できる方が良いこともあるのです。
ネットビジネスでお金を稼ぐなら、このポイントの汎用性は決して軽視できません。各社のポイントの特性は、一度確認してみると良いでしょう。