未分類」カテゴリーアーカイブ

仮想通貨の取引のポイント

仮想通貨の取引を信用取引と現物取引というのがあります。現物取引では、実体のある投資となります。取引が成立した時点で自分のものにその仮想通貨が自分のものになります。
ですから、自分自身できちんと持っておきたいと言うのであれば現物投資をするというのは仮想通貨においても基本的なやり方になります。
仮想通貨の現物取引においては保有している資金の範囲内で行うことができますし、もし失われたとしてもマイナス、つまりは投資金額よりも高くなってしまうということもないので、それは心配することではないです。
では信用取引つまりはレバレッジ取引というのはどういうことになるのかと言いますとこれは口座に入れた現金が証拠金となり、その金額の何倍もの取引ができるようになるというやり方です。
つまりは、うまく利益になった時には自己資金での投資以上に利益を得られるということになったりするので、これはとても大きなメリットになります。
例えばレバレッジを10倍として、証拠金が10万円であれば取引としては100万円までの取引をすることができるようになっている、となります。
仮想通貨を購入しようとするときにはこのように現物取引にするかレバレッジ取引にするかということをまずは考える必要性があるわけです。
どちらがお勧めできるのか、といえば実はそこまでどちらが明確に良いとかそういうことがあるわけではありませんので、自分がリスクがどのくらいを負えるのか、ということから考えるようにしましょう。
仮想通貨の利益の出し方自体は売買益以外にも貸したりということもできたりします。また、そもそも決済手段として使うという人もいるでしょう。
どうしても難しいこととしてあるのが、レバレッジ取引をするときにはリスクがかなり高くなってきてしまうということです。ですから、ロスカットに関する知識なども明確に持っておきましょう。
つまりは、このくらいになったら強制的にロスカットをするように、ということを自動売買のようなことでやれるようにしておいたほうがよいでしょう。
当然ですが、仮想通貨は利益を期待して取引するわけですが、投資である以上、リスクはあるわけです。その為、レバレッジ取引に関しては本当によく考えてから行うようにしましょう。
しかし、仮想通貨には夢があります。昔のように数千倍になった、ということは最早期待はできないですが、それでも何倍にもなるロマンはまだ残っているのです。